雪虫は舞い降りてくるのか。吹き飛ばされてくるのか?

法輪寺

今年、嵐山の記事を書き始めたのが11月4日。まだ紅葉の葉も青青としていた。
上の写真は18日の法輪寺。
この長い階段を左右から被せるように拡げる紅葉の枝がとても良い。
上から降りてくる姿を下から撮り上げるのも良いし、その逆も良い。
今回は上から撮ってみた。
誰か降りていかないかな。しばらく待ていると二人連れ。

ただ「うるしの日」の旗が目に騒がしいのが残念。11月13日は「うるしの日」。ということで毎年、法輪寺にはこの旗が立てられている。これはどうにもならない。せめて他の色にならないだろうか。

今は24日。京都右京区にあるローム本社の周辺で行われるロームイルミネーションも始まる。暖かい秋。そう思っていたところ部屋に一匹の雪虫を見つけた。
洗濯物にくっついて部屋まで付いてきてしまったのだろう。

雪虫は冬を告げる小さな虫。寒くなる前になると北の空から飛んでくる。飛んでくると言うより舞い降りてくる。そういったほうが美しく聞こえる。
けれど、北からの強い風で吹き飛ばされてくる。それが実際ではないかと思う。

日本各地で呼び名が違うらしい。「しろばんば」と呼ばれることもある。小説家 井上靖さんの作品タイトルにもなっている。

雪虫が飛んできたら寒くなる。

まさしく、その翌日から冷たい風。
関東では初雪も降ったという。

京都 まちなかイルミネーション ローム。

ロームイルミネーション

暖かくてまだピンとこないけど、ロームクリスマスイルミネーション24日から

まだまだ先のこととは思います。

なにがって?

クリスマスイルミネーションですよ。

紅葉もまだ満足してないやん!
まぁ確かにね。
しかも11月とは思えないこの暖かさ。
変ですよねぇ。

でも、寒い冬は一気に来そうな気がします。
上の写真。ロームの近くの公園。クリスマスイルミネーションを開催するんです。もう何度目でしょうか。
きれいです。

圧倒的に人が押し寄せる場所でもないのでね。いい感じです。
今年は11月24日からだそうです。

ロームイルミネーション

icon-arrow-circle-right ロームイルミネーション2016 | ローム株式会社 – ROHM Semiconductor

京都嵐山 大堰川(保津川)の売り舟。

嵐山 琴ヶ瀬茶屋の売り舟、手を切ったり火傷したりしないのかな?

これが大堰川〈保津川〉を上がったり下ったり行ったり来たりしている琴ヶ瀬茶屋の売り舟。
なに?
舟の上で切ったり焼いたりするの?
手を切ったり、火傷したりしないのかな?
慣れてるから平気か。
そりゃそうだな。

保津川下りの最後のところで、この舟が近づいてくる。
乗ったことある?
保津川下り。
乗ったの何年前かな?
でもなにも食べなかった。
イカ焼き、食べればよかったかな。
惜しいことした。

保津川下りをしなくても岸にお店があるから食べることはできる。 時々そこにも舟がやってくる。 面白いよね。 台風の季節は大雨で水かさが増えるから浸かっちゃうらしい。 大変だ。 今は紅葉の季節。観光客がいっぱいだ。 冬も営業するのかな?

保津川下りをしなくても岸にお店があるから食べることはできる。
時々そこにも舟がやってくる。
面白いよね。

台風の季節は大雨で水かさが増えるから浸かっちゃうらしい。
大変だ。

今は紅葉の季節。観光客がいっぱいだ。
冬も営業するのかな?

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都のカフェ「茶寮八翠」を対岸から撮る|嵐山

京都 嵐山 大堰川の向こう

2014年の秋にも撮りに来た場所。その時は11月の末だったので紅葉していた。この写真は11月はじめ、4日。まだまだ画面いっぱい緑が占めている。それから1週間が経った。変わってるかな。あとでインスタグラムで今の嵐山をチェックしてみよう。

真ん中あたりの赤い和傘。目立つね。翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都にある「茶寮八翠」というカフェ。Googleマップ(Earth)で真上から見ても見つけやすい。

この左(西)の林は公園。通称「亀山公園」。そこからの景色も見ておかないとね。その奥には竹林の小径がある。写真でよく見かける撮影スポット。約400メートルも続いてるそうだ。人気スポットだから、それなりの写真を撮ろうと思ったらタイミングとかいろいろ計画が必要かもしれないよ。

鴨さんたち、そこにいたの?|京都嵐山

嵐山 大堰川の鴨

嵐山の大堰川に沿って細い歩道が続く。歩道だけど時に車も通る。ちょうど狭いところですれ違うときは車が川に落ちてしまわないか少し心配になる。どこの車なのかはわからないが、この先に「琴ヶ瀬茶屋」と「星のや京都」がある。

琴ヶ瀬茶屋は、大堰川の岸にお店を出している。食べるもの飲むものは水上船が運んでくる。保津峡川下りの最終地点で近づいてくるのもこの琴ヶ瀬茶屋の水上売店船。イカ焼きやおでんがとても旨そうなのだ。

星のや京都は、さらにその細い道を奥まで進んだところにある。歩いていけないことはないが、歩くのが苦手ならレンタル自転車を借りるのも良いだろう。星のや京都の利用客なら渡月橋小橋の上り桟橋から船が出ている。約10分間の船旅。贅沢。

細い歩道を歩いていると、岸の下で休んでいた鴨たちが岸から離れていく。
突然訪れるシャッターチャンス。

京都嵐山 大堰川の青い貸しボートが岸に並んだいちにち。

手こぎのボートは休息中

京都嵐山 渡月橋を渡る。大堰川の南側を歩いていると貸しボートが並んでいる。この日は運休日で岸につながれていた。定休日があるのだろうか。

普段目にするのは、若いカップルなどが手こぎボートを何艘も浮かばせている光景。運休があるのも知らなかった。貸しボートは三人乗りで1時間1,400円〜1,500円程度。

岸に並んだ青いボート。

しばらく眺めていると、右の方から屋台船が視界に入ってきた。観光客を乗せている。家族連れかな?
船頭さんがお客さんから何かを受け取った。カメラのようだ。ここで記念撮影ということだ。

お客さんにカメラを向けていると舟が手こぎボードにぶつかっていった。何事もないかのように記念撮影は続く。綺麗に並んだボートの列が少し乱れる程度のこと。その様子が滑稽でした。

雨に濡れると桜と音符がでる?|京都嵐山

JR嵐山駅の南口から通りを歩く。両側にはすでに観光客向けのお店が並んでいる。きょうは朝からよい天気。雨の心配はない。でも店先に傘が並んでいた。「雨にぬれると桜と音符がでる」気になるメッセージだ。

雨にぬれるといったいどういう状況になるのだろう。

写真を現像しながら後で考えてみたが、この傘、濡れる前には桜の花びらが見えないのだろう。濡れると浮かび上がってくる。そういうことなのだろう。

既に傘が濡れてしまっているので、なんだかわからないキャッチコピーではあるけれどキャッチーなコピーだった。

雨に濡れると桜と音符がでる?

from @photowalkjp | Instagram

JR嵐山駅に駐輪場があったよ|京都嵐山

電車ならJR、阪急、嵐電と行き方はいろいろある嵐山。自転車で行けないものか?と思うけど問題は駐輪場。Googleマップで調べて見るとあるようだった。どんな駐輪場なのか、一時預かりも可能なのかまずは見てみたい。ということで今回はJR電車で嵐山まで行くことにした。

JR嵐山駅は北口と南口がある。駐輪場は北側にあった。京都嵯峨嵐山自転車駐車場。一日一回150円。標準的な料金だった。

京都嵯峨嵐山駅自転車駐車場

from @photowalkjp | Instagram