雪虫は舞い降りてくるのか。吹き飛ばされてくるのか?

法輪寺

今年、嵐山の記事を書き始めたのが11月4日。まだ紅葉の葉も青青としていた。
上の写真は18日の法輪寺。
この長い階段を左右から被せるように拡げる紅葉の枝がとても良い。
上から降りてくる姿を下から撮り上げるのも良いし、その逆も良い。
今回は上から撮ってみた。
誰か降りていかないかな。しばらく待ていると二人連れ。

ただ「うるしの日」の旗が目に騒がしいのが残念。11月13日は「うるしの日」。ということで毎年、法輪寺にはこの旗が立てられている。これはどうにもならない。せめて他の色にならないだろうか。

今は24日。京都右京区にあるローム本社の周辺で行われるロームイルミネーションも始まる。暖かい秋。そう思っていたところ部屋に一匹の雪虫を見つけた。
洗濯物にくっついて部屋まで付いてきてしまったのだろう。

雪虫は冬を告げる小さな虫。寒くなる前になると北の空から飛んでくる。飛んでくると言うより舞い降りてくる。そういったほうが美しく聞こえる。
けれど、北からの強い風で吹き飛ばされてくる。それが実際ではないかと思う。

日本各地で呼び名が違うらしい。「しろばんば」と呼ばれることもある。小説家 井上靖さんの作品タイトルにもなっている。

雪虫が飛んできたら寒くなる。

まさしく、その翌日から冷たい風。
関東では初雪も降ったという。

どんぐりコロコロ。

嵐山 大堰川沿いを歩いていると山の上から何が落ちてくる音がする。下を見ると小さな秋が落ちていた。一瞬、石コロでも落ちてくるのかと心配になった。どんぐりさんで良かったよ。この子たちはこの後どうなるのかな?だんだん寒くなってきたよ。枯葉の布団がもう少し欲しいかもしれないね。

嵐山 大堰川沿いを歩いていると山の上から何が落ちてくる音がする。
下を見ると小さな秋が落ちていた。

一瞬、石コロでも落ちてくるのかと心配になった。

どんぐりさんで良かったよ。

この子たちはこの後どうなるのかな?

だんだん寒くなってきたよ。

枯葉の布団がもう少し欲しいかもしれないね。

from @photowalkjp | Instagram

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都のカフェ「茶寮八翠」を対岸から撮る|嵐山

京都 嵐山 大堰川の向こう

2014年の秋にも撮りに来た場所。その時は11月の末だったので紅葉していた。この写真は11月はじめ、4日。まだまだ画面いっぱい緑が占めている。それから1週間が経った。変わってるかな。あとでインスタグラムで今の嵐山をチェックしてみよう。

真ん中あたりの赤い和傘。目立つね。翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都にある「茶寮八翠」というカフェ。Googleマップ(Earth)で真上から見ても見つけやすい。

この左(西)の林は公園。通称「亀山公園」。そこからの景色も見ておかないとね。その奥には竹林の小径がある。写真でよく見かける撮影スポット。約400メートルも続いてるそうだ。人気スポットだから、それなりの写真を撮ろうと思ったらタイミングとかいろいろ計画が必要かもしれないよ。

枯葉の舞う季節、春に芽を吹く準備は始まっている|京都嵐山

嵐山。渡月橋を渡り中之島の河原。大堰川が広い。見上げると嵐山。紅葉は進んでいない。河原の木々の葉は落ち、枯れ葉も舞っている。その枝先には既に春の準備をした芽を育んでいる。

遠くから見ると山は緑だけれど、近くまで行くと紅葉は進んでいるのかもしれない。

この近くに嵐山モンキーパークに行く道がある。途中、紅葉を観ることができるかもしれない。修学旅行中の学生だろうか、楽しそうに登っていく。モンキーパークは欧米の観光客にも人気だと新聞に書いてあったことがある。若い学生さんたちに交じって登ろうとする欧米人も多かった。

わたしはというと、今回は遠慮した。次に来たときは登ってみようか。

枯葉の舞う季節、春に芽を吹く準備は始まっている。

from @photowalkjp | Instagram

キンモクセイ

日本に秋の始まりを告げるキンモクセイ。漢字で書くと「金木犀」。9月中旬あたりからほのかな甘い香りを漂わせてくれる。どこにあるのだろう。幹を見つけることができなくても存在を感じることができる。その時期は短い。寒くなってきたなぁ。そう思う頃には姿も香りも見せなくなる。ちょっと寂しくなる。

キンモクセイ

from @photowalkjp | Instagram